COMPANY会社案内

代表挨拶

このたびは、新興プラスチックス株式会社のホームページをご覧いただき、まことにありがとうございます。代表よりご挨拶申し上げます。

弊社の創業は、明治30年にさかのぼります。創業当時は象牙やべっ甲といった天産物の輸入や加工などを手がけていましたが、時代の変化に適応する形でプラスチック素材を取り扱うようになりました。創業当時の人たちは現在の姿を想像できないかもしれませんが、時代の変化に合わせて会社も変わることができたのは、今の価値観にもつながる弊社の強みではないかと思います。

すでに創業から優に一世紀を超えていることもあり、長い歴史の中には厳しい局面もありました。しかしリーマンショックのように世界全体が大きく沈み込んでしまった時期であっても成長をつづけることができたのは、お客さまのご要望にしっかりと寄り添うことができていたからではないかと自負しております。チャレンジしつづけることは弊社にとっての生命線であり、それを社員一同で共有することが強い会社づくり、ひいてはお客さまのご期待にお応えすることであると実感いたしました。

プラスチックの川下素材(シート、フィルム、原材料等)マーケットにおいて、最優良企業の一員となることを目指す、これは弊社が掲げる今後に向けた構想です。これを評価するには売上やシェア、利益などさまざまな尺度がありますが、環境性能や社員の満足度なども含めて最優良であることが重要であると考えます。
これまでの歩みや積み重ねを大きな柱として、それをさらに太い幹とする努力が必要です。そしてお客さまだけでなくその先におられるエンドユーザーの皆さまに弊社のことを知っていただき、より多くのチャンスが訪れる会社にしていきたいと考えておりますので、今後とも新興プラスチックス株式会社を何卒よろしくお願いいたします。

代表取締役社長小玉 裕
経営理念

次に掲げた経営のもとで、プラスチックの流通業界を通じて社会に貢献いたします。

  • 一、環境問題への取組みをはじめとし、現代社会に適応した経営
  • 一、人間尊重の精神に立ち、社員の幸福を目指す経営
  • 一、OPEN(ガラス張り)でFAIR(公正)な運営を重視した経営
  • 一、得意先・仕入先・出入業者・地域社会すべてがお客さまであることを認識した経営
目標企業像
  • 一、社員自らが誇りに思う企業
  • 一、お客さまに信頼され、必要とされ続ける企業
  • 一、地道な発展を実現し、永遠に継続する企業
行動指針

次の3点を最も重要な行動指針と認識いたします。

  • 一、オーソドックス:奇策に頼ることなく常に王道を歩み、お客さまに安心して頂けるサービスおよび判断を行う。
  • 一、スピード:お客さまが望まれる全てのサービスに対しては、スピードが一番重要であると認識して行動する。
  • 一、チャレンジ:高い目標に向かい、失敗を恐れず新しい事へのチャレンジを行う。

NEWS代表活動ニュース

代表活動ニュース一覧を見る
ページトップへ